ごあいさつ

当法人は、寝屋川市内の障害児者の家族及び関係団体等が中心となり、平成18年に『社会福祉法人 すばる・北斗』として設立されました。障害者の通所施設である『すばる・北斗福祉作業所』は、「学校卒業後の希望者全員の受け入れ」「特別な支援を必要とする人たちの受け入れ」「市内各施設のセンター的役割を担う」施設として位置づけ運営してまいりました。

平成26年4月より法人名を現在の『社会福祉法人 療育・自立センター』と改め、就学前の療育を必要とする子の通園施設である「あかつき・ひばり園」の運営を受託し、療育水準の維持向上、市の療育システムネットワークにおけるセンター的役割を果たすべく取り組みを進めています。

平成27年3月には、関係団体の積年の願いでもあった、短期入所施設『大谷の里』が開設されました。

当法人はこの3つの施設を通して、①就学前の療育を必要とする子の発達支援~②成年・成人期障害者の自立支援~③安心して地域で暮らしていけるための支援 を軸とし、全ライフステージを貫く支援を実践して参ります。法人発足当時の皆さまからの想いの詰まったこの施設を『誇るべき財産』として、次の世代へと引き継いでいく必要があると考えています。どんなに障害が重くても、住み慣れた寝屋川の地で暮らし続けたいという障害のある当事者及び家族の願いを実現するために、さらなる発展を目指し続けていきます。

施設紹介

あかつき・ひばり園
あかつき・ひばり園
市内に在住する、0歳から6歳までの就学前の療育を必要とする乳幼児を対象に、専門医の診察や指導、機能訓練、日常生活の指導・保育など専門の療育支援を行っています。
すばる・北斗福祉作業所
すばる・北斗福祉作業所
市内に在住する18歳以上の障害者を対象に、労働と発達保障を軸とした作業支援・生活支援を行うとともに、自立を目指した支援を行っています。

大谷の里
大谷の里
市内に在住する18歳以上の障害者を対象に、短期間の入所での介助や見守り、その他必要な支援などを行っています。